BIOGRAPHY
代表取締役社長
星野 敦

INFLUX INCの代表取締役社長

再生可能エネルギー分野で約10年の経験を持ち、
アジア全域で太陽光発電や風力発電を開発する会社を運営している。

現在、アジア全域ですでに1.5GWを超える再生可能エネルギープロジェクトの開発を行っている。
機関投資家を代表して、国内で400MW(12プロジェクト)の太陽光発電の運営。
900MWの日本におけるグリーンフィールドソーラーおよび洋上風力資産(所有権)。
インドと韓国で1GWのグリーンフィールドソーラー資産(所有権)。
さらに1.5GWのプロジェクトパイプラインを保有。

過去10年間の日本市場において、550MWを超えるソーラーアセット
(総プロジェクト価値は10億ドル)を開発し、その後機関投資家に売却。
さらに小規模バイオマスプロジェクトの開発指導、循環型バイオマス事業にも着手している。

再生可能エネルギー発電所の建設に関するあらゆる面での経験を持ち、
公的部門および民間部門における広範なネットワークを用いた開発、許可、EPC、資金調達
および利害関係者管理を中心に再生エネルギーのポジションを確立している。

次世代エネルギー『宇宙に関わる世界規模なユニバーサルマーケットの開拓』
メタンハイドレートの開発に着手し幾つかの海域を保有する。
蓄電においてはバッテリーストレージ開発の会社への投資も実行しESSのシステムを構築している。

パートナー
ジョイ ビショーン

INFLUX INCの国際事業部共同CEO

再生可能エネルギー分野で10年の経験を持ち、アジア全域のユーティリティ規模の
太陽光発電および風力発電プロジェクトの開発をしている。

現在、アジア全域で1.5GWを超える再生可能エネルギープロジェクトを開発を行っている。
機関投資家を代表して、国内400MW(10プロジェクト)の太陽光発電資産。
900MWの日本におけるグリーンフィールドソーラーおよび洋上風力資産(所有権)
インドと韓国で1GWのグリーンフィールドソーラー資産(所有権)。
さらに1.5GWのプロジェクトパイプラインを保有。

過去10年にわたり、カナダで20MWの太陽光発電プロジェクト
(プロジェクト総額約5千万ドル)を開発し、その後機関投資家に売却。
米国で13MWの分散型太陽光発電ポートフォリオの借り換えを主導。
日本の太陽光発電ポートフォリオのために出資者と資本金(150百万ドル)を調達。

開発、許可、EPC、プロジェクトファイナンス、および利害関係者管理を含む
再生可能エネルギー発電所の建設のあらゆる側面にわたる経験を持つ。
技術およびFMCG分野におけるヨーロッパ、インドのいくつかの新興企業への投資家としても活動中。

FACEBOOK INSTAGRAM