MEDIA & PROJECT INFO
2021.12.27
仮称)山形県遊佐沖洋上風力発電事業 環境影響評価方法書」の公表及び縦覧について

当社が参画している遊佐沖洋上風力発電に係る環境アセスメント共同実施コンソーシアムが、「(仮称)山形県遊佐沖洋上風力発電事業 環境影響評価方法書」

(以下、方法書)を、環境影響評価法に基づき公表しました。 「遊佐沖洋上風力発電に係る環境アセスメント共同実施コンソーシアム」は、山形県遊佐町沖で計画される洋上風力発電について、環境影響評価法に基づく方法書の手続きを共同で行うものであり、加藤総業株式会社殿が代表者、コスモエコパワー株式会社殿が事務局を担っております。 本海域における洋上風力発電事業は、公募事業のため、同一海域において、複数の事業者によるそれぞれの事業が計画されており、環境影響評価手続きも各事業者にて実施されております。 同一海域において複数の環境影響評価手続きが実施されることは、行政および地元住民並びに関係者にとって大きな負担になることから、山形県より事業者に対し、環境影響評価方法書を可能な限り集約化するよう要請がありました。

「遊佐沖洋上風力発電に係る環境アセスメント共同実施コンソーシアム」を構成する以下20社の事業者は、山形県からの要請を踏まえ、加藤総業株式会社およびコスモエコパワー株式会社による配慮書を承継した上で既に配慮書を縦覧した事業者は廃止通知を提出し、 コンソーシアムの共通の方法書として作成することを決めたものです。以下に、コンソーシアムを構成する事業者名称を記載します。

このため、各事業者には、それぞれの事業計画が存在しますが、本方法書では、各事業者の計画を踏まえ、想定される最大の環境影響に基づき、環境影響評価の方法を定めています。

 

事業の名称:(仮称)山形県遊佐沖洋上風力発電事業

事業者の名称:遊佐沖洋上風力発電に係る環境アセスメント共同実施コンソーシアム

方法書の閲覧、意見書の送付先、問い合わせ先に関しましては、以下、コスモエコパワー株式会社内遊佐沖洋上風力発電に係る環境アセスメント共同実施コンソーシアムの発表ページをご覧ください。

URL:https://cosmo.eco-power.co.jp/news/detail.html?nid=673

single