NEWS
2019.06.06
セマングム(韓国)に太陽電池モジュール・ESS生産体制の構築、インフラックスによる開発・投資が始まる。
<記事和訳>

再生可能エネルギー専門企業レナ・インターナショナルが4日、セマングムの太陽電池

モジュール、陸・海上構造物、エネルギー貯蔵装置(ESS)を生産する工場の着工式が

行われた。

 

着工式には、キム・ヒョンスク(セマングム開発庁長)、チョン・ドンヨン(民主平和党代表)

、イ・ウォンテク(全羅北道政務副知事)、イ・スンボク(群山市副市長)、ガン・パルムン

(セマングム開発公社社長)などが参加した。

 

レナ・インターナショナルは、来る2021年までセマングム産業団地2の長期賃貸用地

(7万6000㎡)に合計555億ウォンを投資して太陽電池モジュール、陸/海上太陽光構

造物、ESS生産工場を建設する予定である。

 

レナ・インターナショナルは、150億ウォンの外国人直接投資が予定されたセマングム

再生可能エネルギークラスター造成に参加した最初の外国人投資企業である。日本の

再生可能エネルギー企業INFLUXが開発及び出資、中国のJA Solarが技術提携および

現物を出資する。

 

 

 

 

(韓国の記事原文:http://m.ebn.co.kr/news/view/987794/?pcv=0#_enliple